料理 / 育てる・使う・楽しむ

育てる・使う・楽しむ

料理

トマトのベジブロス煮びたし ~タイム風味~

夏の暑い日に冷やしていただきます。

  • トマトのベジブロス煮びたし ~タイム風味~
  • 【材料】

    トマト
    2~4コ
    ※フルーツトマトなど小玉
    だし昆布
    ①10cm×3cmくらい
    ②5cm×3cm以上
    フレッシュタイム
    10cmの長さ3~5本くらい
    野菜の切れ端
    100gくらい
    600cc
    大さじ1
    小さじ1
    みりん
    小さじ1/2~1
    薄口しょうゆ
    小さじ1/2~1
  1. 鍋に水、酒、野菜の切れ端、だし昆布①、タイムを入れて弱火にかけ、ベジブロスを作る。
  2. トマトは湯剥きしておく。
    ②の昆布は2cm角くらいに切っておく。
  3. 1 の鍋が沸騰してから30分を目安に、出汁がよくでたら火からおろして濾す。
    そのうち250~300cc分を使う。
  4. 3(250cc)に②の昆布を入れて中火にかけ沸騰したら、塩、みりん、薄口しょうゆを入れて味をととのえ、再度沸騰してきたらトマトをヘタが下になるようにして入れる。
  5. 弱火にしてフタをせず、2~3分くらい火を通す(煮すぎると、ただの煮トマトになってしまうのでご注意!)。
    ※トマトがベジブロスにひたひたにかぶるようにするのがポイントなので、かぶらない場合は鍋の大きさやベジブロスの分量で調整する。
  6. そのままの状態で冷まして味を染みこませる(または、ボールに出汁ごと移して氷水にあてて冷ます)。
  7. 昆布とともに器に盛りって出汁をはり、フレッシュタイムを添える。

※酒、塩、みりん、薄口しょうゆはベジブロス250ccに対しての分量です。
※野菜の切れ端は、セロリや玉ねぎなどの香味の強いものを多く入れると洋風出汁になるのでひかえめにし、タイムと昆布を引き立たせた方がおもしろいと思います。
※あっさりしているのでコクが欲しい場合は、エキストラバージンオリーブオイルを少し垂らしたり、鰹節削りを添えてもおいしくいただけます。

金柑のタイムシロップ

庭で採れた金柑を使いました。
金柑は粘膜を強くする作用があるそうで、子供のころ風邪を引くと温かい金柑シロップを作ってもらっていました。
タイムとクローブも加えてさらに効果アップ!
冬の乾燥した季節にぴったりの風邪予防シロップを作ります。

  • 金柑のタイムシロップ
  • 【材料】

    金柑
    150g~200g
    フレッシュタイム
    10cmほどの枝2~3本
    クローブ
    2粒
    600cc
    ※水300cc、白ワイン300ccでもOK
    アガベシロップ
    大さじ4
    はちみつ
    大さじ1
  1. 金柑は、横に3等分、輪切りにする。気になるようなら種を取り除く。
  2. 鍋に金柑と水、アガベシロップ、タイム、クローブを入れて中火にかけ、沸騰したら弱火にして5~10分程煮る。
  3. 火を止めてハチミツを加えてよく混ぜ合わせ、冷めるまでおく。
  4. そのままか、温めてシロップとともに召し上がったり、シロップを紅茶やハーブティーに入れたり、アルコールと合せてカクテル風にもできます。
    また、金柑をタルトのトッピングにして焼いても美味しです。

※フレッシュタイム、クローブは香りの強さや好みで加減して下さい。
※今回はコモンタイムで作りましたが、レモンタイムもおススメです。

カカオとタイムのグラノーラ

最近、手に入りやすくなったカカオニブとタイムを組み合わせたグラノーラ。
ブランデーやリキュール、赤ワインのつまみに、大人の味です。

  • カカオとタイムのグラノーラ
  • 【材料】

    オーツ麦フレーク
    100g
    カカオニブ(カカオ豆の砕いたもの)
    50g
    ナッツ類
    70g
    ドライタイム
    小さじ1~2
    ※好みで加減して下さい
    メープルシロップ
    大さじ4~5
    きび糖
    大さじ1
    大さじ1
    オリーブオイル
    大さじ2
  1. 生のナッツの場合は、オーブントースターなどで軽くローストしておく。
    焦げやすいものもあるので、種類別にローストしたほうがベスト。
    大きなものは、砕くかカットしておく。
  2. きび糖を水で溶かし、次にメープルシロップをまぜ、さらにオリーブオイルを加えてよくまぜ合わせる。
  3. 2 にオーツ麦フレーク、ナッツ類、タイムを加えてよくまぜ合わせて、オーブンペーパーを敷いた天板に平たく広げ、150℃~160℃に温めておいたオーブンで30分ほどうっすら茶色に色づくまで焼く。
    途中、15分ほどしたところで、上下ひっくり返して火が均等にまわるようにする。
  4. 焼きあがったら天板にのっている状態でそのまま冷ます。
    タイムは 2 のときに入れず、焼きあがったらすぐに均等にふりかけてもよい。
    完全に冷めたら、バラバラに崩してカカオニブとまぜ合わせて容器で保存する。

※ナッツ類は、アーモンド、松の実、クルミ、ピスタチオ、パンプキンシード、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、マカデミアナッツなど好みのものを組み合わせてください。
※小麦胚芽、ライ麦フレーク、キヌアを爆ぜたキヌアパフを少しまぜてもおススメです。
※ドライフルーツは入れない方がおいしいように感じます。
※ミルクなどに浸さず、そのまま召し上がった方がおいしいです。
※かたまりで食べたい場合 …
材料に、からだにやさしい米あめを加えて作り、焼き上がり後、オーブンから出したらすぐに流し缶(くっつかないようにオーブンペーパーを敷いておく)にすべてを入れて固め、バー状にカットするとエナジバーのようになります。

セージ入り カボチャのコロッケ

ひき肉の臭みや油っぽさをセージが爽やかに変えてくれます。
カボチャのもったり感もなく、さっぱりといただけました。

  • セージ入り カボチャのコロッケ
  • 【材料 16個分】

    カボチャ
    1/4個
    タマネギ
    1/2個
    豚ひき肉
    100~150g
    セージの葉
    5~10枚
    塩・コショウ
    適量
    オリーブオイル
    少々
    サラダ油
    適量
  1. カボチャを皮ごと一口大に切り、ラップをして600Wで8分、レンジで加熱する。
    ※堅い場合は追加加熱。
  2. タマネギをみじん切りにし、セージも刻んでおく。
  3. タマネギとひき肉をオリーブオイルで炒める。
  4. 柔らかくなった1のカボチャをマッシャーでつぶし、炒めたタマネギ、ひき肉とセージを加え、塩・コショウで味をつけながら、よく混ぜる。
  5. 4で混ぜた材料を16個に分けて、丸める。
  6. 小麦粉 → 溶き卵 → パン粉の順でつけ、形を整える。
  7. 6をキツネ色になるまで油で揚げる。
    ※転がしながら揚げると、きれいなキツネ色になりますよ~

※ハーブ初心者はセージの量を少なめに。

ハーブパエリア

  • ハーブパエリア
  • 【材料 4人分】

    ムール貝
    4個
    アサリ
    100グラム
    エビ
    4~6尾
    パプリカ
    1/2個
    玉ねぎ
    1/2個
    エリンギ
    2本
    ニンニク
    1片
    ハーブオイル
    大さじ1
    400ml
    ヒュメドポアソン
    大さじ1
    2合
    サフラン
    小さじ1
    タイム
    小さじ1/2
    フェンネル
    小さじ1/2
    白コショウ
    適量
    レモン
    1/2個
    ルッコラ
    適量
    ハーブシーズニング
    大さじ1
  1. 鍋にハーブオイル・ニンニクを入れ香がたったら玉ねぎを入れて炒める。
  2. 【1】に水・ヒュメドポアソン・米・サフランを入れてかき混ぜ、火にかける。
  3. 沸騰してきたら、魚介類を入れて強火で3分。
  4. 蓋をして中火~弱火で様子を見ながら15~20加熱する。水気が無くなったら、火を止める。
  5. 蓋をしたまま10分蒸らす。
  6. 再度中火にして、米がパチパチと音がしたら出来上がり。
  7. ハーブシーズニングを振りかけ、ルッコラとレモンを添える。

    ※ヒュメドポアソン … 魚介用スープストック
    ※ハーブシーズニング … パセリ・バジル・チャービル・ディルオレガノ・タラゴン・ペパーミントを基本にお好みの分量でブレンドして作る。

※更に詳しい材料や作り方は「ハーブの教科書」P.25

アジの香草パン粉焼き

  • アジの香草パン粉焼き
  • 【材料】

    アジ
    3~4尾
    ハーブオイル
    大さじ2
    パン粉
    1カップ
    粉チーズ
    大さじ1
    タイム
    小さじ2
    ディル
    小さじ1
    フェンネルホール
    小さじ1
    白コショウ
    適量
    レモン
    1/4個
  1. パン粉に刻んだタイム・ディル・フェンネルを混ぜ、両面にチーズと白コショウで下味をつけたアジにまぶしハーブオイルで両面焼き付ける。

※更に詳しい材料や作り方は「ハーブの教科書」P.27

手作りハーブフランクフルト

  • 手作りハーブフランクフルト
  • 【材料】

    フランクフルト
    10~12本分
    豚腸(フランクフルト用)
    2m
    豚ひき肉
    500グラム
    豚背油
    100グラム
    ソーセージスパイス
    大さじ1~2
    小さじ2
    ハーブシーズニング
    大1
    モッツアレラチーズ
    1個
    牛乳
    100~200ml
    適量
  1. 豚ひき肉・豚背脂・ハーブスパイス等を粘りが出るまでよく混ぜ腸に詰めて茹でる。
  2. フライパンで焼いていただく。

    ※腸が手に入らない場合は、ハンバーグ様にまとめて焼いてもよい。

※更に詳しい材料や作り方は「ハーブの教科書」P.28

タラゴンビネガー

タラゴンビネガー
  1. ビネガーにドライタラゴンを漬け込む。
  2. 生のタラゴンは2日ほど陰干しをして漬け込む。

※更に詳しい材料や作り方は「ハーブの教科書」P.24

チャイニーズオイル

チャイニーズオイル
  1. 八角・シナモンスティック・赤トウガラシ・陳皮・花椒・クローブ・ニンニクをサラダオイルに漬け込む。

※更に詳しい材料や作り方は「ハーブの教科書」P.24

クミンオイル

クミンオイル
  1. サラダ油を温め焦がさないように熱して保存する。

※更に詳しい材料や作り方は「ハーブの教科書」P.24

チャイ(スパイスティー)

  1. 紅茶・クローブ・カルダモン・シナモンスティック・ショウガを煮て牛乳と砂糖を加えて漉していただく。

※更に詳しい材料や作り方は「ハーブの教科書」P.24

クリスタライズドフラワー

  1. ハーブの花に砂糖をまぶし、材料の水分を砂糖に吸収させて、乾燥させ、保存する。

※更に詳しい材料や作り方は「ハーブの教科書」P.35

当ページ掲載の情報は、ハーブを利用した楽しい・美味しい情報満載の JHS発行「ハーブの教科書」に掲載されています。

このページをシェアする

Copyright (c) Japan Herb Society All Rights Reserved.